2017年9月21日木曜日

HISTORY【歴史】2

“宿泊OK!  でもどこで? どうやって? アイデアは直ぐに出てきました。 ”車の屋根にテントを取付ては?” そしてそれに続く疑問はごく自然でした。  ”でもどのように?”
技術的には無数の方法があります。要はどれを採用することが最善なのかということでした。 1957年終わりから1958年3月にかけて、車上テントという全く同じアイデアで全く異なる考えを持った2つの革新的な製品が誕生しました。
一つは垂直に展開する車上テント、もう一つは側面に蝶番を付けた折りたたみ式車上 テント。 現在のマジョリーナの原型となった垂直展開型はその創造者の名前に因んで “Autocampeggio Stogl”と命名され1957年から1958年にかけて特許取得されました。そしてそれに遅れることほんの数ヶ月後の1959年に折りたたみ式車上テントも、発明したGiuseppe Dionisio(ジュゼッペ ディオニシオ)氏によって同じく特許取得されました。

Hm, schlafen. Aber wie? Und wo?
Da kam die Erleuchtung: “...warum soll das Zelt nicht auf dem Auto angebracht werden...”? Die Frage, die automatisch kam, war: ja, aber wie?

Zwischen Ende 1957 und März 1959 gab es zwei innovative Auslegungen derselben Idee: ein seitlich klappbares Zelt und eines zum senkrechtem Anheben.


Fast gleichaltrig, wenn auch nur knapp – war das erste genau der Vorläufer des heutigen “Maggiolina”, das in seiner ersten Ausführung die Bezeichnung “Autocampeggio Stogl” erhielt nach dem Namen seines Erfinders und zwischen 1957 und 1958 patentiert wurde, nur wenige Monate vor dem Stoffzelt “Air Camping” des Erfinders und Herstellers Giuseppe Dionisio (bekannt auch unter dem Namen „Gidion’s“), der dafür 1959 das Patent bekam. (独)

注目の投稿

AUTOHOME(オートホーム)の世界へようこそ